【サブスクとは?】サブスクリプションの意味やレンタルとの違いを解説!

サブスクリプション

「サブスク」という言葉をよく聞くようになったけど、一体なんのことなんだろう?

最近よく聞くようになった「サブスク」ですが、既に何かしらのサービスに加入している人も増えてきたのではないでしょうか?

今までにもあったレンタルとの違いや、どうしてサブスクが流行ってきているのか

そしてサブスクのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

「サブスク」はサブスクリプションの略

サブスクリプションとは?

サブスクリプション(Subscription)はビジネスモデルの一つです。

一定額を定期的に支払うことで、支払っている間はサービスや商品を使えるようになります。

昔からあるものでいえば、新聞の定期購読はサブスクであると言えます。

毎月の金額を支払うと毎日新聞が届けられますよね。

新聞代を払っているうちは毎日新聞が届きます。実は新聞配達は昔からあるサブスクの一つです。

最近では「モノ」だけでなく、サービスもあります。

「モノ」から「コト」への転換のような言葉を聞いたことはありませんか?

U-NEXTやネットフリックスなどのVODと呼ばれる動画配信サービスは、毎月一定額を払うことでその間は動画を楽しむことができます。

今では音楽や動画、小説や漫画、本当に色々なものがあります。

  • 新聞(定期購読)
  • 雑誌(定期購読)
  • 動画配信サービス
  • 音楽配信サービス
  • 家具・家電

他にもたくさんのサービスがありますが、こんなものがあります。

レンタルは物の貸し借り

TSUTAYAなどのCDやDVDのレンタルは単純に物の貸し借りですが、サブスクは貸し借りではありません。

動画配信サービスは受けているのはサービスであって、実際に物のやり取りがあるわけではないですよね。

サブスクは解約したらそこでサービスや物が受けれなくなるという特徴があります。

逆に言えば、「サブスク」はお金を払っている間に受けられるものを指します。

サブスクのメリット・デメリット

サブスクのメリット

サブスクを利用する人のメリットは一体なんでしょうか?

  • 気軽に始められる
  • 初期費用がかからない
  • すぐ辞められる

サブスクはネット上で完結することが多いので、手軽に始めることができるので手軽に始めることができます。

今ではたくさんの種類のサブスクがありますが、ファッションや家具家電、車や賃貸まであります。

サブスクは商品を買ったりする必要がなく、初期費用がかかりません。

そして定額制で幅広いサービスを受けることができます。

また、嫌になればすぐに解約することができるのもメリットです。

解約したあとも、モノを所有しないので利用を辞めた後の処分などの手間がかかりません。

サブスクのデメリット

いいことだらけのように聞こえるサブスクですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

  • 定期的に料金が発生する
  • 自動で継続されるので、解約しないと使わなくてもお金がかかる
  • 不要なサービスついてくる可能性がある
  • 解約しても手元にモノは残らない

定額制のサービスなので、料金は定期的に発生します。

更新は自動なことが多いので、解約しなければ自動で料金が発生していきます。

また自分にとって不要なサービスも混ざっているかもしれません。

僕は動画配信サービスのU-NEXTを契約しています。

U-NEXTは動画がメインですが、漫画や小説、雑誌も読むことができるんです。

僕は動画しか使用していないので、漫画や小説、雑誌に関しては不要なサービスだなと感じています。

このようにサブスクでは自分自身に必要のないサービスも含まれていることがあるので、しっかりと吟味してから契約する必要があります。

サブスクの料金は固定費

サブスクは一定期間で料金が発生するので、月にいくらと決まっています。

これは固定費に当たるので、毎月もしくは定期的に発生します。

だらだらと払いつづけることがないように、不要になったら解約する必要があります。

基本的には解約しないと自動で継続されていくので、定期的な見直しが必要になりますね。

毎月発生する固定費を抑えることは、節約する上でとても重要だと言われています。

サブスクの一つ一つは大した額ではないのですが、重なっていくと結構な金額になってしまう可能性があるので、定期的に本当に必要なのか見直しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました