ドラックストアの薬剤師

薬局・薬剤師

他のサイトやブログでドラックストアの薬剤師の仕事について書かれていることも多いですよね。

ですが情報が古いなと思ったり、誤解されていると感じることが多かったので、実際にドラックストアで薬剤師として働いている僕がドラックストア薬剤師の実情をお伝えしたいと思います!

転職を考えている方や、薬学部の学生で就職を考えている方、ドラックストアに興味のある方に有益な情報を書ければと思います。

物販だけの店舗、調剤併設の店舗も経験した僕が、ドラックストアの薬剤師について語ります!

ドラックストアの薬剤師の仕事は、調剤薬局があるどうかで違ってくる

ドラックストアの薬剤師は品出しをしたりする場合もありますが、今は調剤併設が主流になっているということをお伝えしたいです。

どのサイトやブログでも紹介されているドラックストアの薬剤師の仕事に「物販や品出し」をするという内容を多く目にします。

これは半分正解で、半分間違いです。

近年ではドラックストアの中にも保険調剤薬局が併設されていることが増えてきて、処方せんの受付をしている薬局が増えてきています。

調剤薬局があるかどうかで仕事内容が大幅に変わってきます。

調剤薬局がなく、物販だけの場合

まずは調剤薬局がない場合です。

調剤薬局がない場合は薬剤師も物販メインで働きます。

品出しやレジ打ち、一般用医薬品の販売や接客、お薬相談などが主な仕事になります。

薬剤師の場合は社員で入社することが多いでしょうから、売り場の責任者になることも多いです。

季節によって棚を変えたり、ポップの作成・設置、発注など薬剤師ではなくてもできる仕事をすることが多くなります。

調剤薬局が併設されている場合

調剤薬局がドラックストアの中に併設されている場合の薬剤師の主な仕事は、処方せんに基づく調剤業務です。

物販をやりながら片手間で調剤をしているんでしょ?

と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

ドラックストアの調剤薬局でも街中の薬局より多い処方せんを受け付けている店舗も少なくありません。

調剤薬局が併設されているドラックストアの薬剤師の仕事は処方せんに基づく調剤で、他の調剤薬局の薬剤師と業務内容は変わりません。

今ではドラックストア勤務の薬剤師のほとんどが、調剤併設の店舗で調剤をメインとして働いているのではないかと思います。

調剤併設のドラックストアであれば、街中の調剤薬局の薬剤師と仕事内容はそれほどかわりません。

ドラックストア薬剤師の実際

ドラックストアで働く薬剤師は、処方せんによる調剤も行い、調剤薬局で行う仕事全般に加え、市販の薬の相談から販売や案内(レジは他の従業員や登録販売者にお任せすることも多い)を行います。

持病のある方だけでなく、健康な方のお薬相談もしますし、薬だけでなくサプリメントや健康食品など多くの相談が来ます。

お薬手帳を見ながら市販の薬を案内したり、市販の薬では対応できない場合は受診勧奨も行いますし、夜間や休日であれば短時間凌げる薬を案内して次の日に受診するようにお伝えすることもあります。

ドラックストアの薬剤師に必要なスキルはコミュニケーション能力

知識も当然必要になってきますが、何より必要なのはコミュニケーションだと僕は思っています。

なぜなら話の中から求めていることを読み取る力が必要になります。

  • 効果はそれなりでも安い方がいいのか
  • 値段は高くても効果が高い方がいいのか
  • 求めていることは何か?

色々なことを考えながら、案内をしていきます。

そしてボランティアではないので、さりげなく会社が売りたい商品も売り込みます。

患者さんにのために働きながら、会社の利益のことも考えるバランス感覚の良さが求められます。

必要な資格や働き方、お給料は?

必要な資格は薬剤師免許

薬剤師として働くのであれば必ず必要なのは薬剤師免許です。

これがないと薬剤師ではありません。

薬剤師になるには6年制の薬剤師を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

またドラックストアに併設されている保険調剤薬局で働くには、保険薬剤師の登録が必要になります。

勤務形態は基本的にはシフト制

そして働き方は大体のドラックストアでシフト制で働くことになると思います。

営業時間が短い店舗では決まった時間で出勤するところもあるかもしれません。

朝番で9時から出勤することもあれば、遅番で午後2時くらいに出勤することもあります。

お給料はどれくらい?

ドラックストアの薬剤師にお給料はいい方だと思います。

新卒でも500万くらいはいきます。

あとはどこの会社に入社するかによります。

残業があるかどうかも配属された店舗によるので、一概にどこの会社が残業が多いとは言い切れません。

手当や配属先によりますが、残業なども含めれば年収600万くらいはすぐに達成します。

700万、800万となると管理者になったり更にその上のエリアマネージャーと昇格していかないと難しいかもしれません。

どちらにしても20代や30代前半であればその年齢の平均年収に比べれば、お給料をもらっている方に含まれると思います。

ですが薬剤師の年収は余り伸びしろがないので、600万前後がずっと続くようなイメージです。

調剤報酬の改定により、今後お給料が減ってくる可能性もあるので、安定はしていますがめちゃくちゃ稼げる職種ではありません。

ドラックストアに就職するには?

新卒の場合の就職活動

新卒の場合は学生の時に就職サイトに登録しましょう。

薬学部の学生でも、一般企業の就活では通常の就活生と同じ手順を踏みます。

  1. 説明会
  2. ネットで適性検査
  3. ES(エントリーシート)の提出
  4. 集団面接
  5. 個人面接
  6. 最終面接

僕が就職活動をしたときは、このような感じでした。

面接で人事の人と会うまでにパスしなければいけない過程がとても多かったです。

ですが、ドラックストアの場合は説明会と面接くらいです。

  1. 説明会
  2. ES(エントリーシート)の提出
  3. 面接
  4. 最終面接

ドラックストアの就活は、多くてもこれくらいです。

基本的な受け答えがしっかりできていれば、面接で落とされることも基本的にはないと思います。

中途採用の場合

中途の社員希望の場合は転職サイトを使うか、会社のHPから直接応募する必要があります。

パートの場合はお店の張り紙や転職サイトがメインになりますね。

薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫

有名どころであれば「マイナビ薬剤師」や

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

ファルマ辺りでしょうか。ファルマは個人的には派遣薬剤師の印象が強いです。

他にもエムスリー(m.3)などもありますね。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

薬剤師の転職なら、薬剤師ベストキャリア

ドラックストアで働くメリット・デメリット

僕が考えるドラックストアで働くことのメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。

ドラックストアで働くことのメリット

  • お給料が高い
  • 駅前にあることもあり、色々な内容の処方せんが来る
  • 一般用医薬品の知識が学べる
  • 物販も学べる
  • 相談が多く、様々な事例に出会える

調剤薬局の会社に比べるとお給料が高い会社が多いです。

そして駅前などの利便性のいい場所にあったりもするので通勤が楽なのと、色々な処方せんが集まります。

一つの科に集中することなく、色々な領域の薬に触れることができるのはとても勉強になります。

また物販にも携われるので、今世の中では何が売れているのか、そしてどのように声を掛けたら購入してもらえるのか等、毎日が勉強の連続です。

一番勉強になるのは、市販の薬を買いに来たお客様からの相談です。

症状や年齢、性別、生活習慣などから、適切な薬の紹介をすることは病院でも調剤だけの薬局でもできないことです。

中にはお薬手帳を持参で相談に来られる人もいたり、持病があって不安だから相談に乗ってもらって薬を買いたいという方も多いです。

気軽に入れるドラックストアの薬剤師は、一般の方が一番相談しやすい医療従事者だと僕は思っています。

医者や看護師に話をしたくても、街中で話せる機会はほとんどないですからね。

ドラックストアで働くことのデメリット

  • 夜遅くまで開局している店舗がある
  • 勤務形態がシフト制
  • 土日祝日も営業している可能性がある
  • 異動が多い

デメリットは上記に示したように、夜遅くまで働く可能性があり、かつシフト制のため生活のリズムが不規則になるということです。

以前に僕が務めていた店舗では夜の10時まで薬局を開けていて、お昼頃から出勤して23時頃に帰宅することもあれば、朝の9時に出勤し18時で帰る日もありました。

生活のリズムが安定しないので、寝つきが悪かったりご飯を食べる時間も不規則でした。

夜遅かったりもしたので逆流性食道炎になったりしましたね。

お給料はそこそこでいいから規則正しい生活を送りたい方はドラックストアではなく、調剤薬局の会社に就職することをお勧めします。

まとめ、実際に働いていてどう思うか

僕が実際にドラックストアで働いて思うことは、ドラックストアの薬剤師は向き不向きがあります。

コミュニケーションが上手い人、人と話すのが好きな人、臨機黄変に対応できる人はドラックストアに向いています。

市販の薬の相談がきっかけで信頼してくれて、処方せんを持ってきてくれるようになった人もいます。

逆に処方せんをいつも持ってきてくれる人がサプリメントや健康食品の相談をしてくれて、市販のものをご案内することもあります。

夜遅くまで開いているので、夜中に飛び込みで処方せんを持ってくる人もいます。

疑義照会をしたくても夜で電話が繋がらず、患者さんにとって何が一番良い選択か本人と相談することもあります。

ドラックストアだけでなくどこの薬剤師でも同じことが言えますが、学ぶことと頭を使うことを辞めたらそこで成長が止まります。

ドラックストアは刺激に溢れ、退屈はしない職場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました