ワセリンでモイストヒーリングをする方法とそのポイント

日常生活

モイストヒーリングという言葉をご存じでしょうか?

転んで怪我をしてしまったときや擦りむいてしまったときに、今まではマキロンのような消毒液で消毒をして幹部を乾燥させ、絆創膏を貼るのが一般的だったと思います。

しかし最近では密封療法、浸潤療法と呼ばれる「モイストヒーリング」という方法が少しずつ浸透してきています。

モイストヒーリングとは?

モイストヒーリングとは簡単に言ってしまえば、自身の体液の力により傷を綺麗に治す方法です。

傷口から出る浸潤液には傷を治すための物質が多く含まれています。

それを上手く活用し傷を治そうというのがモイストヒーリングです。

文字だけ見るととても難しく感じますが、やることとしては簡単です。

具体的な方法

ではモイストヒーリングの具体的な方法を見ていきましょう

まずは傷口を水で洗います。水道水で構わないので、落とせる汚れや砂やごみは落としておきましょう。

今までであれば、次はマキロンのような消毒液を使い患部を消毒するところです。

ですが、モイストヒーリングでは消毒液を使いません。

消毒液が刺激になり、治りを逆に遅くしてしまいます。

消毒液が細菌やウイルスを殺すと同時に滲出液の効果をなくしてしまうからです

ちなみに、傷口が深く血が止まらない場合や、木片などが刺さっている場合、鋭利な切り傷や錆びたもので傷つけてしまったようなときは素直に医療機関を受診するのがいいと思います。

モイストヒーリングの肝、密封!

患部を綺麗にしたら今度は密封します。

密封して自身の体液を患部に留めるておくことがモイストヒーリングの要になります。

ここで万能選手のワセリンを使います。

患部にワセリンを塗り、ラップなどで密封します。そのラップが剥がれないようにテープで固定します。

この時に固定するテープはを包帯や湿布などを固定する布や紙テープがおすすめです。

このまま1日程度放置し、傷の様子を確認します。

赤くなっていたり、化膿していなければワセリンを塗りまた1日程度放置しておいて大丈夫です。

これは傷口から出てくる体液の中に傷を治す物質が含まれているからです。

なぜワセリンを使用するかというと、ワセリンは皮膚からも吸収されませんが、体液も外に漏らさないので傷口に体液をとどめておくことが可能になるからです。

もし自宅にワセリンがない場合

もし自宅にワセリンがない方は市販で販売されているケアリーヴがおすすめです。

ケアリーヴを使う場合も、傷口を洗い清潔にしてケアリーヴを貼るだけです。

もし自宅に何もない場合はワセリンを買ってくるよりは、ケアリーヴを買う方が早いかもしれませんね。

ワセリンはリップ代わりに唇に塗ることもでき、いろいろなシーンで使えるので一家に1本あってもいいのではないかと僕は思っています。

モイストヒーリングの概念、ワセリンの使い方でした!

是非参考にしてみてください!

僕は50gのつぼを買って、指を突っ込むのは不衛生だなと感じています。

チューブタイプのものをおすすめします!

ワセリンの使い方と選び方【花粉症やリップ代わりにも使える万能なやつ】
花粉症や傷口に、リップの代わりにもなるワセリンについてまとめました。 ワセリンの使い方から選び方まで紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました