ワセリンの使い方と選び方【花粉症やリップ代わりにも使える万能なやつ】

日常生活

みなさんワセリンつかってますか?

聞いたことはあるけど、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?

ワセリンの正体から使い方、おすすめのものまで紹介します

ワセリンの作り方や

ワセリンは石油から得られる炭化水素類の混合物を脱色しや不純物を除去して精製したものです。

単一の物質ではなく、パラフィンやシクロパラフィンの混合物

「ワセリン」といえば一般的には白色ワセリンのことを指します

→要は石油から作ったもの。

精製された純度によって名称が変わってきます。

黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイトとなります

安価でつくることができますが、黄色ワセリンは不純物が多いです。黄色ワセリンから不純物を少なくしていったものが白色ワセリンです。

さらに精製したものはプロペト、さらに精製したものはサンホワイトと呼ばれています。

プロペトは日本薬局方で定められている白色ワセリンの名称で、サンホワイトは化粧品の分野で使用されています。

どの程度の純度からプロペト、サンホワイトと呼ばれるのか調べてみたのですが、明確な区切りの基準を見つけることができませんでした。ですがサンホワイトはほぼ純度100%ということだけわかりました。

精製方法は不純物の除去や水素添加を行うことで酸化物の還元を行い、精製率を100%に近づけます。

黄色ワセリンは安価で手に入りますが、不純物も多く含まれており、アレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、敏感肌の方やアレルギー体質の方には黄色ワセリンはお勧めできません。

ワセリンの使い道

リップクリーム代わりに

リップの代わりに唇に塗ることで、保湿効果と艶を得ることができます

というのもワセリンの主成分であるパラフィンが膜をつくることで皮膚からの水分の蒸発を防ぐことができ、唇の乾燥を防ぐことができます。

皮膚科ではリップクリーム代わりに唇に処方する先生もいます。

モイストヒーリングに

乾燥部位や傷口にも使えます。

薄く塗ると皮膚の表面を保護し、異物との接触を防ぐことができます。

ワセリン自体に傷をなおす効果はありませんが、肌の内部に浸透することもなく、体液を患部に留めておくことができ、モーストヒーリングに使うことができます。

モイストヒーリングに使用する場合は不純物の多い黄色ワセリンではなく、プロペトやサンホワイトを使用することをおすすめします。

傷口に黄色ワセリン中の不純物が触れるとアレルギー反応を起こす可能性が高くなるためです。

ワセリンでモイストヒーリングをする方法とそのポイント
モイストヒーリングの考えかたから、簡単な手順を説明します。 ワセリンが役立ち、自宅にない場合は市販のケアリーヴなど買ってください
花粉症にも

ワセリンを花粉症に?と思われる方もいると思いますが、鼻の付近や鼻の中にワセリンを塗ると花粉が体内に入る量を減らすことができるため花粉症の症状を和らげることができます。

ですが、出かけるたびに塗る必要があるのと帰ってきたら鼻の中のワセリンを取り除かないといけないのが少し面倒かなと思います。

なので鼻の中までは塗らず、おすすめは目の下(くまができる辺り)、鼻の穴の周りに綿棒などを使って塗りましょう。

綿棒もワセリンもドラックストアで手に入れることができるので、お近くのお店を覗いてみてください

ワセリンの選び方

「ワセリン」で調べると「たくさん使うなら500gのものがおすすめ!」と紹介されている記事を見かけます。

個人的な意見ですが、まず500gは使い切りません。

始めてワセリンを購入する方であれば50gで充分です。

500gのツボのものだと1g当たりの値段は下がりますが、基本的に指ですくうことになるため不衛生です。(毎回ヘラやスプーンで取る人もいるかもしれませんが・・・)

せっかく高純度のものを購入したとしても、指先には常在菌がたくさんいますから汚染してしまいます。

なので、おすすめは歯磨き粉のように絞り出して使うタイプのものがおすすめです。

まずは50gのものでいいと思います。

といいながら、僕は50gのツボを買いましたが、毎回指で取るのはすこし不衛生だなと後悔しています。

なのでこれから購入する方はチューブタイプのものを購入することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました