【調剤事務】薬局の事務は未経験でも大丈夫

薬局・薬剤師

求人広告を見ていると「調剤事務募集」という文字をみたことはありませんか?

未経験だけど、気になる・・・やってみようかな?でも私にできるかな?

という不安を解決できるかもしれません。

実際に保険調剤薬局で働いている僕が調剤事務について説明していきます!

結論だけ先に言うと、未経験でも大丈夫だけど保険の話があるので勉強してから臨むことをおすすめします。

調剤事務とは?医療事務とは違うの?

調剤事務と医療事務という言葉を目にしますが、どんな違いがあるのでしょうか?

調剤事務は薬局での事務さん、医療事務はクリニックや病院での事務さんです。

同じ保険を扱うので、基本的な考え方は変わらないのですが、病院と薬局では仕事の内容が違いますよね。なので事務さんの呼び方も変わります。

わかりやすく言ってしまえば医療事務は病院やクリニックの事務さん、調剤事務は保険調剤薬局の事務さんです。

医療事務

先ほど書いた通り、医療事務はクリニックや病院の事務さんです。

受付や医師のお手伝いや雑務、レセプトの請求などが主な仕事内容です。医師のお手伝いといっても医療行為をさせられることはないので大丈夫です。

僕も病院では働いたことがないので、詳しいことがわかりませんが。

調剤事務

調剤事務のことであればたくさん書けますよ!

受付業務

薬局には病院やクリニックで発行された処方せんが持ち込まれます。

受付業務では処方せんを受け取り、処方せんの内容をパソコンに入力します。

名前や生年月日、保険番号、あとは薬の内容を入力します。薬の名前がカタカナで覚えにくく、入力のルールもたくさんあるので覚えるのが大変かもしれません。

しかし入力ができるようになれば基本的にはどこの薬局でも仕事には困らないと思います。

レセプト請求

基本的に処方せん保険が使われています。負担割合は人によって違いますが、3割負担の方が多いですが2割や1割の人もいます。

わかりにくいので3割負担だと仮定して説明します。

患者さんの自己負担の3割分を薬局で支払ってもらい、残りの7割は保険組合に請求します。その請求の一連の作業をレセプトの請求といいます。

今ではパソコン一つで簡単に請求を上げることができ、慣れてしまえばそれほど難しい作業ではありません。

ただ、やはり保険の知識が必要になるので、採用されてすぐにレセプト請求を任されることはないと思います。

未経験でも働けるのか

調剤事務や医療事務は未経験でも働くことができます。

なぜなら働く上で調剤事務という資格が必須ではありません。調剤事務は公的資格ではなく、民間の認定資格だからです。

調剤事務の資格はとっても意味がないのか?

ではその資格を取っても意味がないのかと聞かれるとそんなことありません。

医療保険の仕組みをきちんと学ぶことができ、処方せんの記載事項や薬局での仕事を学ぶことができるので、働き始めた後のことを思うと講座などを受講することをおすすめします。

Aさん「調剤事務は未経験ですが、頑張ります!」

という方と

Bさん「調剤事務は初めてですが、講座で学んできましたので学んだことを生かせるよう頑張ります!」

AさんとBさんの2人でどちらを採用するかと聞かれたら、やはりBさんの方を採用したくなるのではないでしょうか?

実際に事務の募集に対して応募してくる方の中には経験者の方もいますが、未経験で応募してくる人もそれなりにいます。未経験の方でも講座で学んできましたという方も結構いるので、やはり未経験であれば勉強してから応募した方が採用率はやはり上がります、

まとめ

調剤事務は未経験でも働けます。ただし、採用側がOKを出せばの話です。

履歴書を書いて、勇気を出して面接に行ったのに採用されなかったら悲しいですよね。やはり未経験であれば僕としては勉強してから来ていただきたいです。

調剤事務に興味のある方はぜひ積極的に応募してみてください。

調剤事務として一度働いてしまえばどこの薬局でも働けると思います。その薬局ごとに細かいルールは多少は異なると思いますが、処方せんの記載事項や内容、保険に関しては変わらないのでどこでも働けますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました