薬局の待ち時間が長い!E-PARKに登録して待ち時間を短縮しよう

薬局・薬剤師

調剤薬局で働いている薬剤師の僕が、便利だなと思った「E-PARK」というサービスを紹介します!

  • いつも行く薬局が決まっている
  • 病院やクリニックと薬局が少し離れている
  • 時間のかかる処方せん
  • 子供の処方せん

こんな方に特におすすめな便利な「E-PARK」というサービスです。

種類3

【薬の窓口】E-PARKとは??

薬の窓口という謳い文句のE-PARKですが、処方せんの写真を撮ってスマホから送信するだけで送信した薬局が薬を用意しておいてくれるという便利なサービスです。

本来であれば調剤薬局に処方せんを持っていき薬が出来上がるのを待っていなければいけませんが、

E-PARKで処方せんを送信しておけば調剤薬局で待つ必要がありません。

薬の用意が出来ると「お薬の用意ができました」の連絡が来るので、あとは処方せんの原本を持っていけば薬を受け取ることができます。

用意するのに少し時間のかかる小児の粉の薬や、混合しなければいけない塗り薬などでは薬局で待たされる時間を短縮することができます。

薬局で待たされてイライラすることがなくなります。薬剤師の僕が思う、便利な点と使って欲しい人の話です。是非最後までお付き合いください!

E-PARKでは何ができる?

処方せんの写真を送ると薬の用意をしてくれる

スマホで処方せんの写真を撮って、それを送信すると薬の用意をしてくれます。薬の用意ができると準備ができましたと完了の連絡をもらえます。

薬局に処方せんを持っていって、薬ができるまでの時間を待たされることがなくなります。

待ち時間を短縮したい方や、無駄な時間を過ごしてくない方にはおすすめのサービスです。

FAXじゃダメなのか?

ではFAXではダメなのか?

以前はFAXが主流でしたね。事前に送っておけば用意をしてくれる部分は同じです。

ほとんどの薬局では固定電話と一緒にFAXが設置されているので、FAXで送っても薬局に行くまでに用意してくれます。クリニックや病院が指定した薬局にFAXを送ってくれるようなところもありますよね。

事前に用意してもらいうという点ではFAXもE-PARKも一緒です。

ですがFAXはFAXの機械がある場所でしか送れませんが、E-PARKはスマホが1台あれば送信することができます。

自宅に帰ってFAXを送信したり、コンビニを探してお金を払ってFAXを送る必要がありません。帰りの電車の中や、車の中から簡単に送信することができます。

E-PARKを使う時の注意点3つ

スマホが使えれば待ち時間が短縮できるとても便利なE-PARKですが、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

まずは薬局がE-PARKに加盟しているか

E-PARKで処方せんを送ろうにも、いつも使っている薬局がE-PARKに加盟していないかもしれません。

まずはE-PARKに加盟しているかどうか調べましょう!

まずは検索で最寄りの駅やキーワードを入力するか、住んでいる地域から検索しましょう。

種類3

処方せんの期限は当日を含めた4日以内

処方せんには期限があるのをご存じでしょうか?

処方せんの期限はもらった当日を含めた4日以内と決められています。

もし1日に処方せんを病院から渡されたら、処方せんの期限は1日を1日目と考え、4日までに保険調剤薬局に持ち込まなければいけません。

E-PARKでは処方せんの画像を送信しているものの、処方せんの原本を持ち込んでいるわけではないため仮予約のような状態になっています。

なので、基本的には処方せんの期限が切れる4日以内にE-PARKで送信した薬局に処方せんの原本を持っていく必要があります。

処方せんを持っていく時間にも注意

通常の処方せんでも同じですが、処方せんの受付の時間によって「夜間休日加算」がつくことがあります。

  • 平日は19時以降
  • 土曜は13時以降
  • 日祝は終日
  • 40点(400円)3割負担の方で120円

詳しくは下記の記事でも詳しく紹介しています。

薬局の「夜間・休日等加算」とは?いくら高くなるの?
夜間休日加算をご存じでしょうか?名前だけは聞いたことがあるけど、具体的なことは知らないという方が多いのではないでしょうか? 対象となる時間や曜日、そしていくら値段が変わってくるのかを現役の薬剤師が解説していきます! 夜間休日加算を知り、薬局を賢くご利用ください!

ここでポイントとなるのはどのタイミングで受付ということになるのかです。

「E-PARKの受付時」なのか「処方せんの原本の受付時」なのかの2択です。

E-PARKは仮予約のような感じなので、基本的には原本を持参して受付た時が正式な受付の時間と考えられます。

なので平日の昼間にE-PARKで処方せんを送信しても、実際に原本を持っていったのが土曜日の13時以降であれば「夜間休日加算」が算定されることになります。

薬剤師がおすすめする使い方。こんな時に使って欲しい

子供の処方せんをもらったお母さんお父さん

子供の処方せんは大人の薬に比べて用意に時間がかかることが多いです。

というのも粉やシロップの可能性が高いからです。子供は体重によって薬の量を調節することが多いため、体重に合わせて医師が粉やシロップの量を調節します。

その量を薬剤師が測り用意するのと、その量が本当に正しいのか確認する必要があるので、どうしても時間かかります。

そして兄弟2人分の処方せんであれば更に時間がかかります。

子供を連れて薬局で長時間待つのは難しいですよね。

というのも子供が待つことに飽きてしまうんですよね。具合の悪い子供を連れて薬局で待たされるよりも事前に処方せんの画像を送っておいて、用意をしてもらうと何かと便利です。

容易に時間のかかる薬の処方せん

子供の処方せんと同じように時間がかかってしまうのが、粉の薬や軟膏などです。

粉やシロップに時間がかかるのは子供の処方せんと同じですが、混ぜなければいけない塗り薬も少し時間がかかります。皮膚科の処方せんでもE-PARKを使用することをおすすめします。

一方化の指示が入っている処方せん

若い方ではあまりいないかもしれませんが、一包化といって、飲むタイミングごとにパックしてもらうことができます。

医師の指示が必要になってしまうのですが、薬剤師が「朝食後」や「夕食後」などの飲むタイミング毎に分けるので通常の薬に比べると時間がかかります。

混雑具合や飲んでいる薬の種類にもよりますが、1時間くらいかかると言われることも珍しくはありません。

薬局で1時間も待つのは時間がもったいないですよね。自宅が近ければ一度家に帰るということもできますが、それもなかなか面倒です。

E-PARKで処方せんを送信しておけばそんな悩みからも解放されます。

薬局に送信し、出来上がりの連絡を待ち、受け取りに行くだけです。

ご両親の処方せんなどを薬局に持っていく人にも便利なシステムです。

地元から少し離れた病院やクリニックを受診している場合

自宅から少し離れた病院やクリニックを受診している方にもおすすめです。

処方せんをもらったら地元の薬局にE-PARKで処方せんを送信しておけば、地元に着くまでの間にお薬が用意してもらえます。

移動している間にも薬の用意が進むので、地元で薬を受け取ることができ、個人的にはとてもおすすめの使い方です。

電車に乗っている間や、車の中から送信しておけば薬局に着く頃には薬を受け取るだけというのも不可能ではありません。

種類3

まとめ

E-PARKでできることからどんな方に使って欲しいかまとめてみましたがいかがでしたでしょうか

  • いつもいく薬局が決まっている人
  • 子供の処方せん
  • 用意に時間のかかる粉、シロップ、塗り薬の処方せん
  • 一包化指示のある処方せん
  • 病院やクリニックと少し離れた薬局に行く人

こんな方には本当におすすめのサービスです。チェーンの薬局やドラックストアではE-PARKに加盟しているところが多いので、いつも使っている薬局がE-PARKに加盟しているのか一度検索してみてください。

薬剤師も少しでも早くお薬を用意しようと頑張っています。

我々薬剤師もとても助かりますし、受け取る方も時間を有効活用できるので、処方せんをもらった次から試してください。

使わないとなかなか実感できないのですが、騙されたと思って使ってみて欲しいです。

種類3

タイトルとURLをコピーしました