ロードスターでソロキャンプに持っていける道具まとめ

キャンプ

キャンプにはみなさん何を持っていきますか?

テントやらチェアやタープなど快適に過ごそうと思ったら本当にたくさんの荷物が必要になりますよね。

そんな中、ロードスターNDというキャンプには不向きの車ではどれくらいの荷物が持っていけるのか、実際に僕が何を持っていっているのかまとめていきたいと思います。

ロードスターのトランクに入れるもの

ツーリングドームST
【コールマン】ツーリングドームSTは初めてのソロキャンプにおすすめ!やり方によってはコットも入るらしい
初めてのソロキャンプにはどんなテントがいいんだろう? あまり予算はないけど、安すぎるのも怖い。そんな方にはぜひお勧めなのが、コールマンのツーリングドームSTです。 お手頃価格でありながら、一通りのスペックはあり使っている人も少なくないため多くの情報のあるテントです。

テントはツーリングドームSTを持っていくことが多いです。

テンマクデザインのサーカスTCDXも持っているのですが、ロードスターでキャンプに行くときはほとんどがソロキャンプなのでツーリングドームSTです。

コンパクトなテントで作りもしっかりしており、値段もお手頃なので初めてのキャンプに用意しても割と長く使えると思います。

難点はコットが入らないのと、冬は隙間風が冷たいことくらいでしょうか。

ムササビウイング
ムササビウイング13ft.TC“焚火”versionはソロキャンプにちょうどいい大きさ
ムササビウイングの焚火versionのレビューです。 ソロキャンプや少人数のキャンプにおすすめのタープでポリコットンを使用しているのが一番の特徴です。 僕が使っているポールも紹介します

大体はムササビウイングを張ります。

TC素材なのでしっかりとした影を作ってくれるのと、コンパクトなタープなので一人で張るのにも苦労しない点と、収納サイズも大きくないのでトランク内に収まります。

タープポール
【FIELDOOR】アルミテントポール280は伸縮できるので複数のタープに使える!これを買えば他のタープでも使える
フィールドアのアルミテントポールはムササビウイングと相性抜群! 細かな高さの調節としっかりした太さがあり、タープを買い替えても使えるコスパ抜群のポールです。 多色展開しており、値段もお手頃なので初めてのポールにもおすすめです

ムササビウイングのポールにはこれを持っていきます。といってもこのタープポールしか持っていないのですがね。

ムササビウイングは前後でポールの長さを変えた方がカッコいいので、5cm単位で調節できるポールはとても重宝しています。

シュラフマット Zライトソル
【サーマレストのスリーピングマット】Zライトソルは寝心地の改善と熱の遮断に必須なアイテム!
サーマレストのZライトソルは寝心地の改善と断熱性に優れたスリーピングマットです! 多くの人が勧めているにはやはり訳があり、一度使うとマットなしで眠ることはもう考えられないです。 快適な睡眠を実現するためにぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

寝るときにはシュラフの下にマットを敷いて寝ます。何もないと地面は固いし、夏は暑いし冬は寒いです。

結構トランクの中で場所を取るのですが、シュラフマットは必須です。

チェアワン
ヘリノックス(Helinox)のチェアワンを購入!コンパクトでギアの軽量化におすすめ!
ヘリノックスのチェアワンを購入しました! 噂通りコンパクトで軽く、ギアの軽量化におすすめです。 値段は少し高めですが、キャンプだけでなくピクニックやフェス、運動会などにも気軽に持ち出せますよ

元々はコールマンの折り畳みイス(1500円くらいのやつ)を使っていたのですが、トランクの中を圧迫するのでイスはコンパクトにしたかったんですよね。

チェアワンに買い替えたことで、トランクの中の場所をとることもなくなりました。

荷物のコンパクト化をしたい方にはチェアワンはぜひお勧めです。

NANGA×山渓 オーロラ600DX
【山渓×NANGA】オーロラ600DXを購入レビュー!冬キャンプにはこれくらいのスペックが必要だと思う
NANGA×山渓コラボのダウンシュラフDX600を購入しました。 秋や冬にキャンプをするには、やはりこれくらいのスペックのダウンが必要かと思います。450と悩みましたが、「備えあれば憂いなし」ということで購入です。納期が遅かったりするので、次の秋冬シーズンに向けて早めに検討することをおすすめします

シュラフマットと来れば次はシュラフですよね。

化繊のシュラフを使っていたのですが、コンパクトにするためにダウンのものに変更しました。

暖かく、冬のキャンプでも問題なく使用できています。

真冬のキャンプには念のためこれも持っていきます。

【NANGA】ナンガのシュラフシーツはメリノウールで一枚あるととても便利!
NANGAのメリノウールでできたインナーシーツを購入しました。 インナーシュラフのおかげで、夏は涼しく冬は暖かく眠ることができます。使い方や洗い方、おすすめする理由をまとめました! なくても困らないギアではありますが、あると睡眠の質をあげ、更に快適に過ごすことができるアイテムです。

合わせ技で本当に暖かく夜を越すことができます。

他にもトランクに入れているものはあるような気がするのですが、毎回トランクに入れているものはこれくらいな気がします。

あとは空いたスペースにパーカーやタオルなどの細々したものを詰めますね。

助手席、助手席足元に置くもの

クーラーボックス
THERMOS(サーモス)ソフトクーラー10Lは保冷力もあり、ソロキャンプに最適
サーモスのソフトクーラー10Lを購入したのでレビュー THERMOS(サーモス)ソフトクーラー10Lはソロキャンプやロードスターのような積載量の少ない車にもおすすめ!

クーラーボックスは助手席の足元に置きます。今までに説明してきたギアでトランクがいっぱいになのと、夏場は室内の方がエアコンが効いているので助手席足元に置きます。

途中で買い物をした食材なども助手席足元に置きます。あ、もちろんクーラーボックスの中にはロゴスの倍速氷点下パックが入っています。

細々とした荷物

着替えや食器、LEDランタンなども助手席に置いています。

運転席の後ろにも少しスペースができるので、運転席の後ろに焚火テーブルを置いています。微妙に空いたスペースで何も入れることができないんですよね。

ランタンやキャンドルホルダー、シングルバーナーなども細々したものなので助手席に置いてもっていきますね

ジェントスのエクスプローラーSOL-036Cはエネループが使えてエコなランタン
ソロキャンプや初めてのキャンプにLEDランタンを検討している方におすすめのランタン! ロードスターに乗っている僕が愛用していて、ロードスターでも荷物を圧迫しないコンパクトながら明るさも十分な頼れるやつです。
Amazon限定「キャンドルホルダー はな」と「ゆき」!今回もスノーピークらしく可愛いがおすすめはどっち?
「キャンドルホルダー はな」を購入しました。 スノーピークのAmazon限定第2弾で、キャンドルの光と黄色が合わさって春らしさ全開の可愛い一品です。 前回の「ゆき」と比べてみました。一長一短で悩ましい!
SOTOのシングルバーナーST-301がキャンプにおすすめ!
SOTOのシングルバーナーST-301のレビューです。 わざわざ火を起こさなくてもお湯が沸かせるので、一台持っているとなにかと便利なギアの一つです

トランクに入れるものと、助手席に置くものを簡単にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ロードスターには意外と荷物が載るので、ソロキャンプ程度であれば問題なくいくことができますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました