一人暮らしは間違いなく成長する!メリットとデメリット

日常生活

大学を卒業してから一人暮らしを経験して結婚した僕が、一人暮らしについて振り返りながら考えてみました。

  • 実家暮らしの社会人
  • これから社会人になるのに一人暮らしを考えている人

一人暮らしってどうなんだろうと悩んでいる人に向けた記事です。

僕の目線で書いた記事なので、男性目線の記事と思っていただければと。

メリット、デメリットを見ていきそのあとに僕なりの考えになります。

まずは一人暮らしのメリットからみていきましょう!

一人暮らしのメリット

一言で現わすのであれば、一人暮らしをすることで【自由】を手に入れることができます。

誰に文句を言われるわけでもなく、自分の裁量で時間を使うことができます。

自由に過ごすことができる

実家にいた頃は家族がいて、行動すべてを自分の意志で行うことは難しかったのではないでしょうか?

一人暮らしをすると全てのことを自分のペースで行うことができます。

ご飯は何時に食べるのか、それ以前に食べるのか食べないのか。お風呂には何時に入るのか、いつまでも入らなくても誰にも文句は言われません。

休日は何時まで寝ていても起こされることもなく、好きな時間まで寝ていられます。そのまま二度寝をするのも自由です。

夜中まで起きていても何も言われません。(大きな音を立てたり、大音量で音楽を聴いたり楽器を弾くことは近所迷惑になるので避けた方がいいとは思いますが)

一人暮らしをすることで全てのことを自分の裁量で好きな時間に行うことができます。

僕は一人暮らしを辞めて実家に戻り家族とまた生活をしていくのはもう無理だなと思いました。(決して実家の家族が嫌いなわけでも、仲が悪いわけでもないですよ)

実家でお互い気を使いながら生活するよりも一人で暮らす方が気楽でいいなというのが一人暮らしをした素直な感想です。

いつでも人を呼べる、外出できる

実家では好きな時に人を呼ぶのは難しいですよね。

一人暮らしでは家族の目を気にすることなく好きな時間に人を呼べ、自分自身も好きな時間に家を出ることができます。

いつでも彼女を呼ぶことができます。

実家にお付き合いしている彼女を呼ぶこともあるとは思いますが、家族の目もありなかなか難しいですよね。

一人暮らしであれば自由に呼ぶことができます。

友達でも彼女でも自由に呼べるのは大きなメリットです。

生活力が備わる

僕はこれが一番のメリットではないかと思います。

食事や掃除、洗濯全てのことは自分で行わなければいけません。

休みの日にベットに横になっていても誰かが代わりにやってくれるわけではありません。

小さいころに母にお手伝いでご飯の用意や掃除をしていましたが、実家にいた頃は僕も家事はもちろんしていませんでした。

しかし、実家を出て一人暮らしをしてからは自分で家事全般をしていました。

今の時代は男性であっても結婚後に家事を分担することが増えています。

得意不得意によって比率はもちろん変わってくると思いますが、家事全てを女性に任せるのは時代遅れです。

特に男性の場合はやったことがないから「勝手がわからない」→「家事をやらない」という流れになってしまうのではないかと思います。

一人暮らしを経験して自分で家事全般ができれば、結婚してからも夫婦で協力し合って生活していけるのではないでしょうか?

結婚しない場合も自分一人で生きていくわけですから、今後の人生において家事能力はやはり必須でしょう。

ちなみに、料理ができるというのは女性からするとポイント高いそうですよ

一人暮らしのデメリット

では一人暮らしのデメリットは一体何でしょうか?

これはメリットの言い回しを変えただけのものもありますが、メリットとデメリットは表裏一体、良い方次第というところでしょうか。

全て自分自身で行わなければいけない

「自由に過ごすことができる」を言い方を変えれば、「全て自分で行わなければいけない」と言い換えることができます。

何も言わなくてもご飯は勝手に出てきて、洗濯物は洗濯機の中に入れておけば洗濯をしてくれ、干されて畳まれている。もしかしたらタンスやクローゼットの中にしまってもらっている人もいるかもしれません。

掃除をしなくても家族の誰かがやってくれている。これはすごいありがたいことなんですよね。

ですが一人暮らしでは家には自分一人しかいないので、必要なこと全てを自分自身の責任で行わなければいけません。

自由と引き換えに自己責任で暮らしていくことになります。一人暮らしによって「自由と責任」を手に入れるのだと思います。

一人暮らしはお金がかかる

お金がかかるのは言われなくてもわかりますよね。ですが、一人暮らしは思っているよりもお金がかかります。

家賃、光熱費、食費、生活用品などの雑費がかかります。

大雑把な計算になりますが、

  • 家賃70000円
  • 光熱費10000円:電気4000円、ガス4000円、水道2000円(2か月で4000円計算)
  • 食費20000円(自炊メイン)
  • 生活雑費5000円

ざっと計算してもこれくらいはかかります。生活によって多少の上下はもちろんあると思いますが、10万円くらいは生活費でかかりますね。

忘れてはいけないのが、引っ越し料金や敷金礼金です。

引っ越し料金は実家からの引っ越しであれば5万円くらいをみればいいと思います。

敷金礼金では多いと家賃の3か月分くらいは考えておいた方がいいです。

あとは家具や家電を買わなければいけないので、初期費用は結構かかります。

初期費用としては40~50万円くらいでしょうか。

そこから貯金をしたり、女性であれば化粧品代や服飾費といったものも必要になります。

一人暮らしは自由と引き換えにお金がかかります。

一人暮らしをするより、実家暮らしの人が多いのも納得です。

数万円~5万円程度を実家に入れて、残りを貯金する方がお金が溜まりますもんね。

それでも僕が一人暮らしをおすすめする理由

自分一人で生活していくことは思っているよりも大変です。

ですが、一人で生活することで親元を離れ本当の意味での自立ができます。

好きに人を呼ぶこともできますし、なんとなくですが一人暮らしをしている人の方が生活力があるというかたくましいような気がします。

自分一人で一通りなんでもできるというのは素晴らしいことですし、誰かがいないと生活できないというのでは困ってしまいますね。

一人で生活していくことで、また一つ「人として成長」できるのではないでしょうか?

特にこれから社会人になる男性、今は実家暮らしをしている独身男性に一人暮らしをおすすめします。

お金はかかりますが、自由に生活ができますし本当に楽ですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました