Ankerの「PowerPort PD2」は初めての急速充電器におすすめ!どれを買うか迷ったらこれ

レビュー

今まではスマホを買った時にauで一緒に買った急速充電器を使っていたのですが、auの急速充電器はコンセントから直接充電するものでした。

手元にあるUSB-C製品も増えてきて、USB端子の充電器も欲しいと思い、商品を探し始めました。

AnkerのPowerPort PD2はUSB-CとUSB-Aのポートを備え、初めての急速充電器としておすすめです。

こんな人におすすめ
  • 初めての急速充電器を探している人
  • 試しに急速充電器を買いたい人
  • 主にスマホやタブレットの充電
  • 複数機器を充電したい人

Anker PowerPort PD2のスペックや特徴

PowerPort PD2のスペック

メーカーのページからスペックを簡単な表にしてみました。

サイズ約63 x 62 x 29mm
重さ約100g
入力100-240V ~ 1.5A 20-60Hz
出力USB-Cポート:5V – 3A / 9V – 2A 20W
USB-Aポート:5V – 2.4A (最大) 12W
内梱 PowerPort PD 2本体、取扱説明書、カスタマーサポート
製品型番A2625121 (ホワイト) / A2625111(ブラック)

正直なところ、これだけだとあまりよくわかりませんね・・・

PowerPort PD2特徴を見ていきましょう!

Anker PowerPort PD2の特徴

PowerPort PD2の特徴
  • USB-C USB-Aの2ポート
  • Power Delivery
  • Power IQ
  • 最大20Wの急速充電
  • プラグは折りたたみ式で収納可能

ポートは2つ
  • USB-CはPowerDelivery対応で20W
  • USB-AはPowerIQ対応で12W
PDはPower Deliveryの略で、USBの電力供給に関する規格です。通常のUSBでは5Vしか流せませんが、5Vに加えて9V、15V、20Vの高い電圧を使うことで、通常よりも大きな電力を供給することができます。

USB-CはPD対応で20Wの急速充電に対応しています。

PowerIQは、接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行うAnker独自のテクノロジーです。

USB-AはAnker独自のPowerIQに対応し、出力は12Wです。

ポートは2つありますが、20Wと12Wであれば当然20WのUSB-Cで充電した方が早く充電できます。

短い言葉でまとめると「USB-CとUSB-Aに対応し最大20W、プラグを折りたたみ収納できる急速充電器」です。

AnekrのPowerPort PD2を開封

ここからは実際に開封していきます!

いつものAnkerの箱で、中身はいつもの通り簡素です。

プラスチックでもなく紙でもない手触りの、いつものAnkerの包みです。

サイズは 約63 x 62 x 29mm です。

取り扱い説明書も入っています。

取り扱い説明書は各言語で書かれています。

少しずれてしまっていますが、大体7cmくらいです。

Anker PowerPort PD2を実際に使ってみて

ポートが2つあるのは便利で、コンセントが収納できるので出張や旅行にピッタリ!

USB-CとUSB-A ポートが2つあるのはやはり便利

USB-AとUSB-Cと二つのポートがあるのはやはり便利です。

出先だったり、急な用事でケーブルを忘れて、USB-Cのものがない時もあるかもしれません。

そんな時にも2つの端子があれば、どちらかは確保できたりするはず。

僕はUSB-Cのみ対応しているPowerPort Ⅲ Nanoも持っていますが、やはりまだUSB-Aがあるのは使い勝手がいいです。

持ち運ぶにはコンセントのプラグが収納できる方がいいと再認識

ポートが2つあるので、旅行や出張の際は「PowerPort PD2」だけ持っていけば済みます。

充電器と一緒にUSBAのケーブルとタイプCのケーブルの2本を持って行けば、大抵のものには充電ができます。

充電器がそれだけで済むなら、出張や旅行で持ち運ぶときはコンセントは収納できる方が便利だなと思いました。

プラグは鋭利なわけではないので、鞄の中で何かを傷つけたりというのはないのですが、持ち運ぶにはプラグが収納できる方が他のものと一緒にしまいやすいです。

ケーブルも急速充電に対応している必要があるので注意!

急速充電したい時は、充電器だけではなくケーブルも急速充電に対応している必要があります。

充電器が急速充電を謳っていても、充電器と機器を繋ぐケーブルが対応していないと急速充電されません。

ケーブルも急速充電に対応したものを併せて用意しましょう。

Ankerからケーブルも発売されているので、強い拘りがなければ同じメーカーで揃えておくのがおすすめ。

AnkerのタイプCのケーブル

AnkerのUSB-Aはこちら

iPhoneを使っている人はライトニングケーブルを用意しましょう!

Anker PowerPort PD2のまとめ

これからますますタイプCの製品が増えていくことが想定されます。

一つ持っておいても損はしないと思います。

今まで休憩充電器を使ったことがない人は、充電の速さにビックリしますよ。

値段も2000円ちょっととお手頃なので、是非試してみて欲しいです。

タイプCだけあればいいから、少しでもコンパクトな充電器が欲しい!

という方はPowerPort Ⅲ Nanoがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました